長時間労働を改善した求人の仕方

長時間労働がネックになり、職員を募集しても人が集まらず採用に苦戦を強いられてきた介護福祉業界。しかし、近年多くの現場で改善に向かっているようです。取り組みとして大きな割合を占めているのが求人の仕方。ただ正社員をフルタイムで集めようとするのではなく、働きやすい待遇が整っている求人を出すようにしたのです。しかし、どんな働き方が合っているかは人によって異なるため、一様の待遇で誰もが魅力的に感じて応募してきてくれるわけではありません。様々な状況の人を考え、それぞれが働きやすいように待遇を提示しているのが特徴といえます。

代表例として挙げられるのが勤務時間帯の切り分け。介護福祉施設などでは夜間の労働も必要になりがちですが、長時間労働と並んで負担になる部分となっています。夜勤がなければ働けるという人のために昼間だけ働ける待遇の求人を出し、逆に夜は時間がある人や給料の上乗せが欲しい人のために夜勤を専門とする人材の募集をしています。また、平日だけ、休日だけ働けるといった形で少ない日数で働ける待遇や、1日の勤務時間が短くて良い待遇といった形の求人も出す介護福祉施設も。このようにして集めた人材を上手に配分してシフトを組むことにより現場を回せるようにしたことが長時間労働の改善につながっているのです。一人当たりの負担を軽減するには人数を多く確保しなければなりません。決められたときにだけ短時間でも働けるようにすることで多くの人が働ける環境を作り出し、人材の獲得に成功してきているのが介護福祉業界なのです。

© All Right Reserved