介護福祉施設の勤務時によく出るシフトの不満

多くの介護福祉施設は、シフト制を採用しています。施設によってシフトの内容は違いますが、大抵のシフトは一ヶ月単位で作成され、休みや有給を取りたい時は事前に上司に伝えて休む形です。ただ、シフト制の場合では、不満が出てくることがよくあります。例えば、シフトの変更を希望しても、同じ日に休みたい人がいると、そこで調整しなければいけないからです。特に大変なのは、シフト管理をしている人ですが、場合によっては職員間で相談をしなければいけないことも少なくありません。中でも、年末年始はシフトの問題が出てくる事が多いです。年末年始は誰もが休みたいと思うものですが、特別養護老人ホーム等は24時間体制で高齢者を介護することになりますので、職員が全員休む事はできません。ですので、シフト調整をして、誰かが年末年始に勤務しなければいけないのです。

もし、年明けの1日から3日まで休みたいと思っても、シフトの希望を出す時にあまりにも周りのことを考えないシフトだと、ひんしゅくを買ってしまう恐れもあります。シフト制の良いところは、有給を使わなくても休みたい日に休みを取れるところですが、時期によっては希望が全て通らないことがあるのが少しデメリットです。そのため、人によっては、シフト制で良かったと感じる人もいますが、中にはシフト制が合わない人もいるでしょう。介護福祉施設で働こうと考えている人は、どのような勤務形態で働くのかも見ることも大切です。労働時間に不安や疑問がある人は、こちらのサイトも一読すると良いでしょう。

© All Right Reserved